クレジットカードあれこれ

皆さんはいま自分の財布を開けてみると、何枚のクレジットカードが中に入っていますか。クレジットカードの利便性、魅力はといえば、まずは何といっても現金を持ち歩くことなく買い物ができたり、サービスが受けられたりすることです。財布の中身を気にしないで買い物ができることは、確かに気分的な負担を軽くしてくれます。その他クレジットカードにはキャッシング枠をりようしてのキャッシング即ちキャッシング枠現金化ができたり、旅行の保険がついていたりと、私たちの生活になくてはならない存在になっています。こうした比較的よく知られた機能以外にも、最近はクレジットカード現金化、つまり何らかの事情によりお金に困ったとき、クレジットカード現金化を通じてお金を借りるということもできるようになっています。こうしてクレジットカードには様々な用途があるのですが、皆さんはそんなクレジットカードについてどれだけ知っていますか。私たちは何気なくクレジットカードを使っていながら、実は意外とクレジットカードについて知らなかったりするのではないでしょうか。ここでは知っているようで知らないクレジットカードのお話をしていきます。
クレジットカードの会員になって、クレジットカードを使いこなすとします。一番よくクレジットカードが使われる場面といえば、やはりショッピングでしょう。買い物の精算時にクレジットカードを提示すれば、決済はその場ではなく、先延ばし払いということになります。購入した商品の金額によっては一括払いのみならず分割払いも選択できます。またこうした先延ばし払い以外にも特典が付くことがあります。その代表例がポイントサービス。クレジットカードの利用実績に応じてポイントが加算され、そのポイントに応じて景品が付いたり、或いは旅行保険、飛行機チケットの優待販売が付いたりします。また海外に渡航する際、クレジットカードが身分証明書の一つとなって、支払能力の保証や信用保証が得られる場合もあります。最近はクレジットカード会社間の競争も激しくなっているため、多くのクレジットカード現金化会社が利用者獲得のためにポイントの交換景品、付帯サービス等を充実させ、またクレジットカードそのもののデザインにも工夫を凝らすなど、差別化をし、クレジットカード会員へのサービスの充実を図っています。クレジットカードを利用する側もそれぞれのクレジットカード会社のクレジットカードにどのような特典があるのか、どこがお得なのかをよく比較し、吟味して利用することが賢いクレジットカードの利用方法だと言えます。
ところでこれほど便利なクレジットカード、では万が一そのクレジットカードが盗難に遭った場合、紛失した場合にはどうすればいいのでしょうか。不幸にもそうしたケースに遭遇した場合には、直ちにクレジットカード会社に連絡することです。そうすれば直ちにそのクレジットカードの利用が停止され、第三者による不正使用に伴う被害を防ぐことができます。またクレジットカード会社によっては、クレジットカード盗難保険等をあらかじめ付帯しているクレジットカードもあるので、クレジットカード会社に問い合わせてみるのもよいでしょう。というのも、過去にクレジットカードが不正に第三者によって使用され、その責任をめぐっては、特定の条件化ではカード所持者の責任ではないという裁判所による判決が出された事例があるため、クレジットカード会社としては、クレジットカード盗難保険は被害者の利益を考えたサービスである一方、クレジットカード会社が蒙りかねない損失を未然に防ぐことを念頭に置いているのです。

こうして便利なクレジットカードですが、まだまだクレジットカードに関してはまだまだ知らない情報が隠されています。この際ただいたずらにクレジットカードを利用するのではなく、皆さんのクレジットカードをもう一度洗い出して、いろいろと比較をしてみてもいいのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

エアガンのVFCを探す

2017/8/18 更新