賢い借金

皆さんはクレジットカード現金化という言葉を聞いたことがありますか。クレジットカード現金化とはクレジットカード現金化を行っている会社が提携する店の商品をクレジットカード利用者が購入し、その特典としてカード利用者の購入金額の何%かの現金がカード利用者指定の口座にキャッシュバックされるサービス、つまりは一種の資金融資、キャッシングなのです。もしちょっとした資金に困ったことがあれば銀行で融資を受けたり、質屋に質草を入れてお金を借りたり、或いは消費者金融でお金を借りたりしてお金を工面しますが、詰まるところクレジットカード現金化もその一つの方法なのです。
クレジットカード現金化といいますが、つまりは借金なのです。借金と言うと聞こえが悪く、勿論借金はしないに越したことはありません。しかし長い人生のどこかで、借金がどうしても必要となる場面が出てきます。例えば住宅ローン、カーローン。一括でこれらのものを購入できればいいのですが、そうはいきません。あとは子供の教育ローン、奨学金等。奨学金などは返さなくてもいいケースがありますが、無論返済が必要な奨学金もあります。あとは利用しないに越したことはないのですが、消費者金融のキャッシング等。ローンにせよ、商品者金融にせよ、借金には金利がつきものです。無論金利は低いに越したことはありません。ですが金利の高い低いは日本経済、しいては世界経済の大環境に決定されるケースがあり、もちろん個人で選択は可能ですが、選択の余地にも限界があるのが現実です。ここでは借金をする場合、金利の高低を考える前にその借金の意義、借金の必要性を考えてみます。
実を言うと借金の中には上手な借金、賢い借金というものもあるのです。「借金は悪」と決め付けがちな日本人に上手な借金と言っても恐らくピンと来ないかもしれません。皆さんは資産運用という言葉を聞いたことがあると思います。手持ちのお金をうまく運用してさらにお金を増やす、これが資産運用です。そこで、以下例を挙げてお話していきます。
身近な借金の例として、前出の住宅ローンがあります。折りよく手元にまとまったお金があって、それを元手に住宅を購入するとします。多くの人がローンで不動産を購入することになりますが、ローンで買うことは即ち借金して買うということです。この場合、もしあなたが買おうとしている住宅が、例えば周辺の開発が進んで将来の値上がりが期待できるといった優良物件である場合、すなわち資産運用としての不動産購入の価値があるならば、借金してでも思い切ってその住宅を購入するべきなのです。勿論それは借金を負ってもそれを埋めて余りあるリターンが期待できると判断した場合です。資産運用には元々一定のリスクが付きまといます。一般にはハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンが資産運用の一つの法則です。(勿論これに当てはまらない資産運用もありますが)きちんとリスクとリターンを考慮したうえで、リスクを負ってでも大きなリターンが見込めるのなら、借金を加えてでも上手に資産運用をするべきだということです。上手な借金とはこうした資産運用に代表されるように、お金が更なるお金を生む。この原資となるお金を調達するための借金、これが上手で賢い借金です。
日本は低金利時代に入って随分久しくなります。これは言い換えれば借金をするには好都合であることを意味します。勿論積極的に借金を奨励するものでもありません。ですが試しにどこかの銀行に行って、米ドル、ユーロ、ポンド、香港ドル等の外貨預金の各国通貨の利息と日本円の預金利息とを比べてみてください。日本円の預金利息の場合ずらっと0が並び、小数点以下第何位かでようやく1が出てくるような有様です。つまり銀行や郵便局に手堅く貯金していたところで、ほんのわずかの利息しか付かないということです。それはもはや資産運用とは呼べません。それなら少々の借金をしてでも、思い切って大きなリターンが見込める投資、資産運用をするべきです。勿論借金をするなら無理なく計画的に、が鉄則であることに変わりはありませんが、この際真剣に賢く借金をし、資産運用を検討してみるのもいかがでしょうか。

check

2017/10/19 更新